ウェブデザインにこだわりすぎない方がいい理由

ウェブデザインにこだわりすぎない方がいい理由を、説明します。

時間とお金がかかりすぎる

デザインにこだわりすぎると、ウェブサイトを作るのに時間がたくさんかかったり、お金がたくさんかかったりします。

ウェブサイトを作る時、デザインにこだわり過ぎると、いくつかの問題が起きることがあります。

長い時間がかかる

とても複雑なデザインや、細かい部分にこだわると、ウェブサイトを完成させるのに必要な時間がどんどん長くなります。デザインを決めるのに時間がかかったり、実際にデザインを作るのに細かい作業が多くなったりするからです。

コストが増える

ウェブサイトのデザインが複雑になると、それを作るために必要な技術や労力が増えます。その結果、デザイナーや開発者に支払うお金が増えることになります。特に、小さな変更や追加が多くなると、それだけ費用がかさむことになります。

完璧を求めると終わらない

デザインに完璧を求めすぎると、いつまでも「もう少し改善できる」という状態が続き、ウェブサイトがなかなか完成しません。これは「完璧主義」と言われることがあり、プロジェクトの進行を遅らせる原因になります。

要するに、デザインは大事ですが、それにあまりにも時間やお金をかけすぎると、ウェブサイトを作る全体のコストや期間が増えてしまいます。だから、デザインは重要ですが、効率的に、そして経済的に進めることも大切です。デザインはウェブサイトの一部であり、全体のバランスを考えることが必要です。

使いにくくなることがある

サイトがきれいでも、使いにくいと人々は困ります。簡単に使えることが大事です。

大事な目的を忘れがち

ウェブサイトは、情報を伝えたり、人々に何かをしてもらったりするためのものです。デザインばかりに気を取られると、本当にやりたいことを忘れてしまうかもしれません。

ウェブサイトを作るときの一番大事な目的は、情報を伝えることや、訪れた人に何かしてもらうことです。例えば、商品を買ってもらったり、サービスについての情報を読んでもらったり、お問い合わせをしてもらったりすることが目的ですね。

でも、デザインにあまりにもこだわりすぎると、この本来の目的を見失ってしまうことがあります。例えば、サイトがとてもきれいだけど、何をすればいいのかわかりにくい場合、訪れた人は迷ってしまうかもしれません。また、あまりにもデザインが複雑だと、大事な情報が見つけにくくなることもあります。

要は、ウェブサイトは「見た目の美しさ」だけでなく、「使いやすさ」や「情報を伝えること」も大事だということです。デザインはその一部に過ぎず、目的を達成するためには、他の要素もしっかりと考える必要があります。

サイトが重くなって遅くなる

たくさんの画像や特別なデザインがあると、ウェブサイトが重くなって、開くのが遅くなります。

Googleで見つかりにくくなることも

サイトが重かったり、複雑だったりすると、Googleなどの検索エンジンで上位に表示されにくくなることがあります。

インターネットで何かを探す時、多くの人はGoogleのような検索エンジンを使います。そして、Googleはウェブサイトを色々な基準で評価して、検索結果のどの位置に表示するかを決めます。ここで重要なのが、ウェブサイトの「読み込み速度」と「使いやすさ」です。

読み込み速度

ウェブサイトに重たい画像や複雑なデザインが多いと、そのサイトが開くのに時間がかかります。Googleは、早く開くウェブサイトを好むので、重たいサイトは検索結果で下の方に表示されることがあります。

使いやすさ

サイトが複雑で、何をするべきかわかりにくいと、人々はすぐにそのサイトを離れてしまいます。Googleは「使いやすいサイト」を好むので、使いにくいサイトは検索結果で低い評価を受けることがあります。

要するに、ウェブサイトが重たくて複雑だと、Googleで上位に表示されるのが難しくなるということです。これが、「Googleで見つかりにくくなる」という意味です。だから、デザインを考える時は、見た目の良さだけでなく、サイトの速度や使いやすさも大事にする必要があります。

後で直したり更新したりするのが大変

とても複雑なデザインだと、後で何かを変えたり、新しい情報を入れたりするのが難しくなります。

要するに、ウェブサイトは見た目がきれいなだけでなく、使いやすく、目的に合っている必要があります。デザインは大事ですが、他のことも考える必要があります。