ホームページ制作を発注する前に知っておきたい10の基礎知識

※随時アップデート中 2024年1月5日

1.目的と目標の明確化

ホームページの目的(情報提供、販売促進、ブランドイメージの向上など)と具体的な目標(訪問者数の増加、問い合わせ数の増加、売上の増加など)を明確にしておきましょう。

目的の重要性

ホームページ制作における目的は、そのサイトが果たすべき役割や機能を定義します。例えば、ホームページの目的が情報提供であれば、ユーザーに対して価値のある、正確で役立つ情報を提供することが中心となります。一方、販売促進を目的とする場合は、製品やサービスの魅力を効果的に伝え、購入へと導くことが重要です。また、ブランドイメージの向上を目的とする場合は、デザインやコンテンツを通じて企業のアイデンティティや価値観を伝えることが求められます。

具体的な目標の設定

目的が決まったら、次に具体的な目標を設定します。この目標は、ホームページを通じて達成したい成果を数値や条件で明確にします。例えば、「訪問者数を月間1万人に増やす」「問い合わせ数を毎月20%増加させる」「オンライン販売での売上を前年比で30%増加させる」などが考えられます。これらの目標は、ホームページの設計やコンテンツ制作、さらにはマーケティング戦略を決定する上での指針となります。

目的と目標に基づくホームページの設計

  • 情報提供を目的とする場合:ユーザーが求める情報を簡単に見つけられるように、ナビゲーションやレイアウトを工夫します。また、定期的なコンテンツ更新やブログの投稿により、最新情報の提供を心掛けます。
  • 販売促進を目標とする場合:製品やサービスの詳細、購入方法、顧客の声などを効果的に展示し、ユーザーが簡単に購入手続きを行えるようにします。また、特別なプロモーションや割引情報を前面に出すことで、購入を促します。
  • ブランドイメージの向上を目指す場合:企業のアイデンティティや価値観を反映したデザインを採用し、企業文化や歴史、社会貢献活動などを紹介することで、ブランドに対する好感度を高めます。

目標達成のための分析と改善

ホームページが公開された後も、設定した目標に対する進捗を定期的に分析し、必要に応じて改善策を講じます。Google Analyticsなどのツールを使用して訪問者の行動を分析し、目標に対して効果的なコンテンツやキャンペーンを実施します。

ホームページ制作における「目的と目標の明確化」は、サイトの方向性を決める上で非常に重要です。

今すぐあなたのビジネス目標を明確にしましょう!無料相談をして、目標設定の第一歩を踏み出しませんか?

2.予算を明確にする

事前に制作予算を決めることによって、実装したい機能項目に優先順位をつけることができます。予算がそもそもない場合は、まずはミニマムで制作をするのも考え方として、有りです。

予算設定の重要性

ホームページ制作の予算設定はプロジェクトの成功に直結します。予算が不足していると、必要な機能やデザインの品質が犠牲になる可能性があります。逆に予算が過剰になると、必要以上のコストがかかり、他の事業活動に影響を与える恐れがあります。したがって、適切な予算設定はプロジェクトの計画段階で非常に重要です。

予算の主要な要素

  1. 制作費用:デザイン、開発、コンテンツ作成にかかる費用です。サイトの規模や複雑さによって大きく異なります。
  2. ドメインとホスティング費用:ドメイン名の登録費用とサーバーのホスティング費用。通常、年間単位で支払います。
  3. メンテナンス費用:サイトの定期的な更新、セキュリティ対策、バックアップなどの維持管理にかかる費用。
  4. マーケティング費用:SEO対策や広告費など、サイトへのトラフィックを増やすための費用。
  5. 追加機能や将来的な拡張に関する費用:将来的なサイトの拡張や追加機能の開発に備えた費用。

予算設定のポイント

  • 市場調査:同業他社や競合のホームページを調査し、どのような機能やデザインが必要か把握します。これにより、必要な予算の範囲を見積もることができます。
  • 見積もりの取得:複数の制作会社やフリーランスから見積もりを取得し、比較検討します。ただし、安さだけでなく、提供されるサービスの質や実績も考慮することが重要です。
  • 予備費の設定:予期せぬ出費や追加の要望に対応できるように、予算の10〜20%程度を予備費として設定します。
  • 運用コストの考慮:制作費用だけでなく、運用費用や更新費用も長期的に考慮して予算を計画します。

長期的な視点での予算計画

ホームページは一度作成すれば完了ではありません。定期的な更新、機能の追加、セキュリティ対策など、継続的な管理と投資が必要です。そのため、初期の制作費用だけでなく、運用開始後のコストも予算計画に含めることが重要です。

適切な予算設定はホームページ制作の成功に不可欠です。

ホームページ制作の予算を設定しましょう。無料の予算計画ツールを使って、あなたのプロジェクトに最適な予算を見積もります!

3.メンテナンスと更新計画

ホームページは常に最新の状態を保つ必要があります。定期的な更新やバックアップ、セキュリティのアップデートなどを定めたメンテナンス計画を策定しましょう。

メンテナンスの必要性

ホームページは、公開後も継続的なメンテナンスが必要です。技術的な問題の修正、セキュリティの更新、コンテンツの改善など、さまざまな要素が関与します。メンテナンスを怠ると、サイトの性能低下やセキュリティリスクの増大、最悪の場合はサイトの停止につながる可能性があります。

定期的な更新の重要性

定期的なコンテンツ更新は、ユーザーに対して新鮮な情報を提供し、検索エンジンでの評価を高めるためにも重要です。これには、新しい記事の投稿、既存コンテンツの更新、イベントやニュースの告知などが含まれます。定期的な更新は、サイトの訪問者を増やし、より高いエンゲージメントを促す効果があります。

メンテナンス計画の策定

  1. スケジュールの設定:メンテナンス作業を行う頻度を決めます。これには、日々のチェック、週次や月次のレビューなどが含まれます。
  2. セキュリティ対策:定期的なセキュリティチェックと必要に応じてアップデートを行うことで、サイトを安全に保ちます。
  3. バックアップの実施:データ損失を防ぐため、定期的にサイトのバックアップを取ります。
  4. 性能の監視:サイトのロード時間やダウンタイムを監視し、問題が発生した際に迅速に対応します。

コンテンツ更新計画の策定

  1. コンテンツカレンダーの作成:投稿するコンテンツのスケジュールを計画し、定期的にコンテンツを更新します。
  2. SEO対策の実施:検索エンジン最適化(SEO)を考慮してコンテンツを更新し、サイトの可視性を高めます。
  3. ユーザーフィードバックの収集と反映:ユーザーからのフィードバックを収集し、サイトの改善に活かします。

メンテナンスと更新のアウトソーシング

メンテナンスと更新は、内部リソースで行うか、専門の業者にアウトソーシングするかを選択する必要があります。

アウトソーシングを選択する場合、コストと専門性のバランスを考慮することが重要です。専門業者は技術的な問題に迅速かつ効率的に対応できる可能性が高いですが、コストがかかることも理解しておく必要があります。

長期的な視点でのメンテナンスと更新

ホームページは進化し続けるものであり、定期的なメンテナンスと更新はその進化を支える重要な役割を果たします。テクノロジーの変化、ユーザーのニーズの変化、競合他社の動向など、外部の変化に対応するためにも、柔軟かつ計画的なメンテナンスと更新が求められます。

メンテナンスと更新は、ホームページを安全で魅力的に保ち、ユーザーエンゲージメントを高めるために不可欠です。これらを適切に実施するためには、計画的なスケジュールと予算の設定、専門知識の活用、そして長期的な視点が必要となります。ホームページは単なる情報提供のツールではなく、企業や組織の顔としての役割を果たすため、その維持と更新には十分な注意と投資が求められるのです。

4 相見積もりを取る

選定した複数のWeb制作サービスに対して、同様のプロジェクトに関する見積もりを依頼します。見積もりには、具体的な要件や希望する機能、予算などを明記しましょう。

また、相見積もりを取ることにより発注するサイトの相場感を掴むことができます。

5 検索エンジン最適化

検索エンジンで検索順位を表示を1-10位にさせるために、適切なキーワードの選定やメタデータの最適化、サイトの速度向上などのSEO対策を考慮することが重要です。

6 レスポンシブデザインにする

様々なデバイスで適切に表示されることが重要です。スマートフォン、タブレット、デスクトップなど、異なる画面サイズに対応したレスポンシブデザインが必要です。

7 納期を決める

ウェブ発注担当者様が会社から期限が決められていない場合、着手してからダラダラすることがあります。

そういったことが無いように納期を決めることによって制作スケジュールに沿った制作が可能となります。

8 現在のサーバはそのまま使えるのか確認する

サイトリニューアルの依頼の場合、現在サイトの管理者が誰なのか、どのサーバ会社と契約しているのかを確認しておくことによってウェブ制作会社への依頼がかなりスムーズになります。

9 参考にしたいサイトを探しておく

他業種、競合他社でもいいので『こういうサイトにしたい!』とイメージしているサイトがあると、発注側と制作側とのイメージのすり合わせがし易いです。

※あくまで参考となりますので、同じサイトを制作することはNGです。

10 キーワードを選定する

御社サービス特徴から検索エンジンで検索されるであろうキーワードを事前に調べておくと制作側も提案しやすくなります。

例えば千葉県千葉市で不動産業を営んでいる場合は【千葉市 不動産】などのキーワードで上位表示させたほうがアクセスにつながりますので、そういったキーワードを事前にピックアップしておきましょう。

以上

まとめ

これらのポイントを押さえておくことで、ホームページ制作のプロセスがスムーズに進み、効果的なサイトを構築することができます。